スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、鹿児島人は黒豚を多くたべるのか?

東京からきた若者3人組のお客さんが、『枕崎って、黒豚の町ですよね!』と聞かれ、一瞬ためらって、『そうですね、かつおと、黒豚の街ですね』と答えた。かつおの街とは良く聞かれるが、黒豚の街とは、正直言ってまだ完全には定着していないので(一部関係者など)、いまからもっと発信して行こうと思っている矢先なので、とまどってしまった。ところで、なぜ鹿児島の人々は黒豚をよく食するのだろうか?お隣の国韓国では、中国大陸から黄砂が吹いた後には、必ずみな、豚肉を食べて体の中をきれいにするのだそうだ。その話を聞いて、きっと鹿児島県人は、桜島の灰がふって、そのため、体の中をきれいの掃除するため、きっと多く豚肉を食べるんだろうと、勝手に解釈して、面白くて笑ってます。コレも鹿児島の文化なのだと?・・・ところで、昨日今日と、串木野まぐろフェスティバルも復活しました。関係者の方々ほんとうにおつかれさまでした。地域一丸となって祭りを作り出していくって本当に見ていて感動しますよね。まぐろラーメンに、ポンカレーとたて続けにヒット商品を世にしかけて成功されて尊敬します。そして、いよいよ、明日から、加世田砂の祭典が始まります。規模もやる気もすごいビッグな祭りです。時間と手間ひまかけたすばらしい祭りだと思います。何もしないのは・・・・・。枕崎のかつおまつりは4,5日です。じゃらんのとろっトロかつお丼は6日から販売予定でしたが、ネットを見たというお客様には特別に忙しくてもお造りいたします。(遅くなったらすみません)遠慮なくどうぞ!さあ、スローな枕崎グルメにいっど!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。