スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつおで体がよみがえる の本を読みました。

皆さん、かつおを食べると、体にはとっても良いんです!
昔から、なぜこんなにも、かつおは重宝がられていたんでしょう?
初ガツオがめずらしかったから・・・?
江戸っ子の気質にあってたから・・・?
保存がきくから・・・?鰹節にして

実はカツオに多く含まれるDHAがとても今の社会に求められているものかもしれません。
なぜなら、DHAの良さは
細胞の柔軟性を保ち、細胞、臓器を活性化させる働きがあり、これにより赤血球は十分な変形性を発揮し、どんな狭い血管も通れ、血管も柔軟性、弾力性を保てば伸縮自在。DHAをふだんから十分にとっていれば、動脈硬化の予防にもなり、けんこうでいられるのです。と・・・
血管の内径が細くなったり、柔軟性、弾力性を失うと血管の流れが悪くなり、抵抗が大きくなると心臓により強い力で血液を送り出さなければいけなくなります。これが恒常的に続くのが高血圧で、
また、これにもDHAをたくさん撮り続けていれば…良いんですね。なんか、いいことずくめでうれしくなってきます。そしてなんと、アレルギーにも・・・花粉症やいろんな原因不明のアレルギーをお持ちの方・・・必見です!
つづく・・・。乞うご期待!      参考 矢澤一良先生 かつおで体がよみがえるでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。