スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かごしま・地産地消カレッジ

先日、かごしま・地産地消カレッジを受講してまいりました。
講師は、篤姫の監修をされた、原口 泉です。非常に楽しみにしてました。
かごしまの昔から食べている煮しめやぶた、中にはぶえん豚は特においしいと昔の方がいっているのが、おもしろかったです。塩をしていない豚を無塩ぶたといっていたんですね。
そして何より聞きたかったのが、篤姫のエピソード話。
松坂慶子さんの薩摩の歴史に非常に興味を持たれ、ついつい、焼酎が進んだ事・・や、
地方の薩摩藩が政府軍と渡り合えるだけの、軍事資金をどうして調達していたかなど、
また、地方の藩が、この日本を、根本から変え、工業化へと転進し造船、製鉄、紡績、を推進し現在の日本の基盤を作ってきたこと、などを、面白おかしく講義され、あっという間の4時間でした。まだまだ聞き足りませんでした。
そして、かごしまを世界遺産にと言う壮大なプロジェクトを推し進めていらっしゃると言う事を聞き、
とても、鹿児島人に生まれた事を誇りに想いつつ、すごく賛同しました。

なにより、このカレッジで学んだ事・・・
講師の先生方、60代、70代・・ほんとまだまだ、お若くて元気であると言う事。
そして、目標、使命感がある事でした。
40代まだまだ、動きゃ無きゃ、そうヒシヒシト思いました。
危ぶむ無かれ、いけばわかるさ・・・ダーの精神?で・・ね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。