スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕崎の楽しみ方”

2月の3連休のお客様をホテルまでお送りした時に、お客様が今日は自転車で窯蓋神社まで行ってきましたと、とても気持ちがよく、気持ちよかったですと・・・。近くにたつの落とし子ハウスもあったのにいかれましたかと聞くと、知らなかったと、残念そう!でも自転車でも南薩路もありかも・・。今からは桜や菜の花が満開の季節。うちも自転車買おうかな?
また、今はうちの近くの堤防でミズイカ一年中釣れるんです。名人曰く、潮の流れと天気と長年の経験があれば必ず釣れるとの事。名人はいつもイカはいると、でも吊り上げる技術次第だと・・・。イカ釣りもはまれば、面白いです。また、本格的な瀬渡し船も有名で地元の瀬に日帰りで乗せてくれる船が2,3隻と硫黄島周辺の島まで2,3時間かけていく本格的釣り船も数隻おり、釣り好きにはたまらない贅沢なところです。船も店のすぐ近くから渡してくれます。また、ダイビングのスポットでもあり、枕崎の赤水海岸(地元の人しか知らない秘境の海で魚がめちゃくちゃいてきれいです)や、坊ノ津の海などに多くのダイビングのリピーターの方々が毎年全国からいらしてます。ダイビングショップも店のすぐ近くです。3月4月は地元の甘いうにの季節!地元でも一部の人しか知られていない貴重で幻のうにです。3月4月は港近くに天然鯛がたくさんやってきます。太公望は密かに釣っていらっしゃいます。素知らぬ顔で・・・。今はまだまだ、クロ釣りまっさかり。今の黒は旬でうまい。
朝昼2回ある水揚げ風景を見に行くのもおもしろいかも。
朝は7時ぐらいからたくさんの近海魚が揚がります。一般の人も中に入れますがあまり邪魔にならない用に注意が必要かと。昼は主に日戻り船が生き物の釣りたての魚が揚がります。量は朝の半分以下ですが、今から5月初めくらいまで初かつおの日戻りカツオが多く楽しめる季節となります。かつおの多い日は数十隻の船が列をなしてたくさんのかつおを積んで帰ってきます。ほんと圧巻です。
昨年、その前と不漁続きでしたが今年は楽しみです。

海が時化の日は、漁師さんがたくさん店にやってきます。ちょっとこわもてで、声がやたら大きくてみかけはおっかなそうですが、優しい人ばかり。いろんな海の男の話も聞けるチャンス。でもなかには、ほんとに怖い集団もいるので見極めは必要です。うちの常連さんはみんな良い人ばかりなのでご安心を!
週末は、ダイビングのの人や、県外の方、地元の方などいろんな方ばかり・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。